最近のバス釣りはダーリンの記事ばかり(主にトップルアー釣り&クランキングプラッガー)ですが、2005年3月から更新し続けているバス釣り日記ブログという事で、よろしくです★

ブラックバス釣り♪ 〜初心者のバス釣り入門ブログ〜

〜初心者のバス釣り入門ブログ〜の最新記事を見るnew.gif

2005年04月22日

「ブラックバスの生態 〜バスの好む環境」

〜バスの分布〜

ブラックバスは、もともとは北アメリカ原産です。
日本では、1925年に神奈川県・芦ノ湖(あしのこ)に放流されました。

1970年頃から急激に分布域を広げ、
現在では、北海道を除くほとんど全国各地で生息しています。
その後、環境破壊の影響などもあり、今では年々数が減ってきています。



【ブラックバスが生息している水域】


 〜水域〜

  湖・沼・人造湖・ため池などの止水域を好む。
  年間最高気温25度以上になるような止水域が多い。

   *注意しなくてはいけないのが、水位の変化が激しいところ。
     産卵期を迎える初夏から夏にかけて、
     水位が下がるところでは卵が干上がってしまう為、
     生息できない。


  河川では、流れのゆるい「トロ」を中心にいます。
  あまり、流れの速いところはお好きじゃないようです。
   (私も、のんびりが好きです^^)



 〜水質〜

  バスの餌になる獲物が多い富栄養型の水域。
  きれいな水のクリア・ウォーターは好きですが、
  マッディ・ウォーターにも強いです。
 

 〜水温〜

  ブラックバスの適水温は17〜23度ですが、
  0〜30度までは耐える事が出来ます。
  とはいえ、17度以上の水温が続く
  温かい水域に越しことはない(^^)





【ブラックバスがいる場所】

○水深10m以内までの比較的浅場を好む。

ウィード(藻)・岩・倒木(これらをストラクチャーと言う。)
 などにいて、小魚を待ち伏せしている。


*移動もするのよっ!
  同じ場所に留まっている訳ではなく、回遊もしています。

  夏場なら、水温が低い深場や日陰、
  冬場なら、水の動きが少なく水温が安定している
  深場へと移動したりもします。

あなたが釣ったバスの写真投稿をお待ちしてます♪
みんなが釣ったブラックバス写真
トップページへ         ラバブログ・メニュー
バス釣りレポート一覧    バス釣り日記ページ一覧
ダーリンのバス釣りレポート一覧

♥♥♥バス釣りブログランキング ★ 参加中♥♥♥
Bass Site Ranking     にほんブログ村 バスフィッシング
ワン・バサー☆プリーズ♪人気blogランキングの池へGo!


[PR]

男のアイハーブ☆(iHerb.com):ブログ
日本で人気のサプリメントが激安入手可能。
せっけん・シャンプー類や食品まで。
アイハーブでの個人輸入。男ならではの商品選定。
この記事へのコメント
今では北海道にも住んでいますよ。
駆除されていますけど。。。
下野さんも北の聖地にバスを放すなんて。。と言われていました。

ストラクチャ〜は障害物ではなくて、地形のことです。今では障害物の事を称して呼んでるみたいですけど。。。

シーズナルパターンを読んで、その時のバスに合わせた釣り方を探すのがバス釣りの醍醐味ですよね。
頑張ってかっこいいレディアングラーになってください。
Posted by Big・O? at 2005年05月17日 20:20
そうだったんですねぇ。
教えて頂いてありがとうございます(* ゚ー゚)つ

まだまだっ^^; 自分で「シーズナルパターンを読む」域には達していませんが、
色々と勉強&実践して、より深くバス釣りを楽しめる様になれたら良いなっ♪ と☆思っています。
頑張りまーすp(^^)q
Posted by ラバ at 2005年05月17日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。