最近のバス釣りはダーリンの記事ばかり(主にトップルアー釣り&クランキングプラッガー)ですが、2005年3月から更新し続けているバス釣り日記ブログという事で、よろしくです★

ブラックバス釣り♪ 〜初心者のバス釣り入門ブログ〜

〜初心者のバス釣り入門ブログ〜の最新記事を見るnew.gif

2005年05月31日

ロッドについて☆ 〜ロッドを買う時の参考に^^

ロッド=サオ

★ロッドの役割

 ・ルアーに動きを与える。
 ・ロッドを通して、水中の様子やルアーの動き、
  バスのアタリを手で感じ取る。
 ・ロッドの弾力(しなり)で、ショックを和らげ、ライン切れを防ぐ。





★ロッドのパワー
  ロッド全体の硬さ・強さ・使えるルアーの重さを表す。


ヘビー : 弾性が高く、反発力のある固めのロッド。(主にカーボン素材)
(硬い)      重めのラバージグやテキサスリグなど底モノ系向き。

ミディアム : 中間的な硬さのロッド。
(中間)        クランクベイトやスピナーベイトなど巻きモノ系向き。

ライト :  力を吸収しやすい、やわらかいロッド。(主にグラス素材)
(柔らかい)    ライト・リグ、スプリットショット・リグ向き。




★ロッドのテーパー
  ロッドのしなり具合を表す。


ファースト : 先だけしなる。
(しなりが硬い)    水深の深いエリア向き。
            ソフトベイトやジグ系に適している。

レギュラー : 中間的なしなり。
(中間)        応用範囲が広く、一番使いやすい。

スロー :   全体的にしなる。
(しなりが柔らかい)   浅場向き。
             トップウォーター、軽いルアーに適している。




★ロッドの素材


炭素素材(カーボン・ボロン)  硬くなる。

グラス素材 :  柔らかく、粘りがある。




初めて買うロッドなら、
一番扱いやすい中間の物を選ぶ事をおすすめします♪





★ロッドの長さ


長め: ロングキャストが得意。大きな力が加わっても、対応しやすい。
     わずかな手首の返しで、ロッドの先が大きく動く。

短め: 操作性に優れている。色々なキャストが出来る。
     狭い場所でもキャストしやすい。
     持ち運びしやすい。


通常は、6フィート(約1.8メートル)前後を使う。
最近は、ビッグベイトが流行っているので、
7フィート代(2メートル以上)の長いロッドを使う事も増えてきている。




★グリップ


シングルハンド(ショート): 片手でキャストする時用。

ダブルハンド(ロング): 両手でキャストする時用。

セミダブルハンド(レギュラー): 一般的。中間。




★ロッドのつなぎ


1ピース: 一番多い。丈夫でしなりの不自然さがない。

2ピース: 収納に便利。先端が折れた時に、パーツで交換出来る。

4ピース: 振り出し竿(テレスコピック)。持ち運びに便利。


次回は、「ベイト・リールについて」
バス釣りタックル通販スピニングロッドベイトロッド


【バスロッド (ベイト)】を探すならっ♪ by楽天

【バスロッド (スピニング)】を探すならっ♪ by楽天

あなたが釣ったバスの写真投稿をお待ちしてます♪
みんなが釣ったブラックバス写真
トップページへ         ラバブログ・メニュー
バス釣りレポート一覧    バス釣り日記ページ一覧
ダーリンのバス釣りレポート一覧

♥♥♥バス釣りブログランキング ★ 参加中♥♥♥
Bass Site Ranking     にほんブログ村 バスフィッシング
ワン・バサー☆プリーズ♪人気blogランキングの池へGo!


[PR]

男のアイハーブ☆(iHerb.com):ブログ
日本で人気のサプリメントが激安入手可能。
せっけん・シャンプー類や食品まで。
アイハーブでの個人輸入。男ならではの商品選定。
この記事へのコメント
初めてロッドを買う人は参考になりそうな記事ですね。 ラバさんが進化していくのが見えるみたい(笑) ガンダムのニュータイプですね(大笑い
Posted by んぐ at 2005年05月31日 13:20
ありがとうございます*^^*

アムロですか?^^;
「んぐ」さん、ガンダム好きなんですか?
Posted by ラバ at 2005年06月01日 17:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
 (この記事へのリンクがあるトラックバックのみ受け付けられます。)

この記事のURL
 (別窓で開くリンクタグ。コピーしてこのまま貼ると、この記事へのリンクになります。)

この記事へのトラックバック